じゃあ またね

大好きな自然 お花 にゃんこ そして私の日常

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あたりまえという幸せ





本当に 当たり前に繰り返される日常が

永遠に続いて行くなんて 決して誰も思っちゃいない

けれど いつか終わりがくることにも 気づいていない

ふとある瞬間に その事実を突きつけられたとき始めて

その日常が 自分にとってどんなに大切だったのか

そのことに気がつき 寂しさが胸を満たし

溢れる涙を とめることができなくなる


だけどね それで総てが終わってしまうのじゃないんだよ

それはまた 新しい明日の始まりでもあるのだから

終わりがあるってことは

また始まりもあるってことなんだものね


だから ほら こう言うの


     また  あしたね




*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*


20110315.jpg



「また あしたね」


そう言えることのしあわせ。
当たり前ということのしあわせ。
それを思う。


昨夜、娘からの電話のおり、
娘の友達ふたりとも話をすることができました。
ひとりは、ずっと部屋を提供してくれている子です。

何度か娘のところへ遊びに行って、
一緒に食事をしたりしているので、
みんなの顔が次々とうかびます。

楽しかった卒業旅行から帰った直後の災害。
でも、みんな一緒だったから心強かったね。

だけど、どんなに不安だったろう。
暗闇のなか、続く余震に恐怖を感じただろう。


「元気?」と聞くと、

「元気ですよ。明るいところで、
温かいご飯を三食食べられるだけで幸せです。」

そんな答えが返ってきました。



なんでもない。
そんなあたりまえのことを幸せと感じる。


怖い思いをしたけれど、
友達と協力して越えた時間は、
きっとこれからの、
あなたたちの宝物になるね。





今日のお天気は、晴れのちくもり


ブログランキング・にほんブログ村へ


| ひとりごと | 23:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT