じゃあ またね

大好きな自然 お花 にゃんこ そして私の日常

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

にゃんきちのこと その3

20160906 (7)



にゃんきちが、うちの子になったのは、
2008年10月1日のことでした。


にゃんきちが、わが家の一員になった様子は
こちらのブログに♪


あたらしい家族 


あたらしい家族 その2 



最初ににゃんきちが、庭に現れたのは、
2008年の梅雨の終わり頃。

最初は毎日ではなく、
時々姿を見せていて、
いつかしら、毎日来るように、
そうして、朝起きと廊下の戸袋の上に寝ていたり、
台所の前にある土間に置いた物置の上で
寝ていたりするようになりました。


大学生だった娘が夏休みで帰って来る頃には、
道の向こうにいても、
「にゃんきち」と呼ぶと走ってくるように。
それでも、まだ触らせてはくれませんでした。

その頃に撮った最初の一枚。
痩せていて、顎が尖がっているし目つきも厳しいですよね。


20160906 (2)



にゃんきちは、いろんなことが出来る子でした。
そうして、それは熱心に教えこんだわけじゃなく、
日々の遊びの中から自然に身につけていく子でした。


こうやって、自分のおもちゃを並べたり。
20160906 (5)


おやつをもらうときは、
右手で招き猫のようにちょうだい、ちょだいをして、
一粒ずつ、私の手から食べました。


キャッチボールも上手で、
返してねーと言うと、手で上手に押しやります。


寝ているにゃんきちに、
ばんざーいというと万歳をして、
ママのこと好き?好き好きチューは?と聞くと、
必ず頬をすり寄せてチューをしてくれました。


沢山の写真があるのに、
そういう場面の写真はなくて、
というか、私と一緒の写真は殆どありません。

でも、帰省のたびに撮った娘との写真はたくさん。
時々しか会えないけれど、
娘のことも大好きでした。

20160906 (4)



にゃんきちが、お空の猫さんになって今日で3カ月。
一日たりともにゃんきちのことを考えない日はありません。

20160906 (1)


どうして、見つけてあげることができなかったのかな?
どうして、毎日探した場所だったのに声は聞こえなかったの?
どうして、あの日あの場所にいたのかな?

答えは見つからないまま、
もう、にゃんきちはいない。
という現実がつきつけられるのです。

20160906 (6)

悲しくて、寂しくて、
泣いちゃいけないって思っても泣けてくる。

だけどね。
にゃんきちと暮らした日々は、
本当に幸せだったよ。
私たちの家族になってくれてありがとう。

ずっとずっと大好きだよ にゃんきち

20160906 (3)




今日のお天気は、晴れたり曇ったり

ランキングに参加しています。
励みになりますので、一日一回、
ポチッとクリックして下さると、嬉しいです♪


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



| にゃんこたち にゃんきち | 22:22 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

にゃん吉のことまた書いてくれてありがとう。
貴方とにゃん吉の幸せな時間の事を思い出しては、私も涙腺が緩んできます。
ついついティアラちゃんの事を書きたくなっちゃったけど、ここはにゃん吉を偲ぶ場所なんだから慎みます(^.^)にゃんきちは天使だね。今はどんな綺麗なところで、お友達と楽しく遊んでいるだろうね。 

| 福朗 | 2016/09/18 15:59 | URL |

◎福朗さん

ぜんぜん問題ないから
ティアラちゃんのことを書いてね。
私もティアラちゃんに会いたかった。
きっとお空の上で、
ティアラちゃんと一緒に、
ままたちお話ししてるよーなんて見てるのかもね。

| はづき | 2016/09/20 17:54 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT