FC2ブログ

ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~

モントリオール世界映画祭で最優秀監督賞を取ったこの映画。
根岸吉太郎監督の映画ということと、
大好きな太宰治の原作ということで楽しみに。

役者さんたち、それぞれに持ち味を出していて、
とても素晴らしいのですが、
なんといっても、松たかこが素晴らしいとおもいました。

放蕩の限りをし尽くす、
どうしようもない夫を愛し尽くし、
人がみたら悲しいことも笑ってしまう。
そんな妻を見事に演じきって美しかったなぁ。

ヴィヨンの妻

死にたいけど死なせてくれない。
そう言いながら、実は誰よりも生に執着している夫。
自分は好き勝手しているのに、
妻が浮気をしているのじゃないかと、
あとをつける夫。

ほんとうにどうしようもないけど、
こんな男がほっとけなくて、女はたまらなくなるのよね~
なんて納得しちゃう、それが太宰の魅力でもあるのですけどね。
ヴィヨンの妻 (2)
ヴィヨンの妻 (1)

健気な妻を、一途に愛する青年役の妻夫木くん。
この役は、君にしかできないね。
笑顔がすてきでした。
ヴィヨンの妻 (3)

「男には、不幸だけがあるんです。いつも恐怖と、戦ってばかりいるのです。」

この台詞が印象的でした。



幸せは人それぞれ。
そして愛し方も人それぞれ。
この夫婦は、これでも心底愛し合っているんだなぁ。
そう思える終わりかたでした。




今日のお天気は、くもり。


ランキングに参加しています。
励みになりますので、一日一回、
ポチッとクリックして下さると、嬉しいです


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ




COMMENT 0

LEAVE A COMMENT